MENU
らこ
読書術/ライフハック/これからの働き方/30代ビジネスパーソン。趣味は年間200冊以上の読書とサウナ。
【📚最大70%OFF】Kindle本 日替わりセール>>

おすすめWordPress有料テーマを厳選【書評ブログに最適!】

  • ブログを始めたいけど、どのWordPressテーマを選べばいいの?
  • 初心者におすすめのWordPressテーマを知りたい

こうしたお悩みにすべて答えて解決していきます。

この記事の内容

・WordPress無料・有料テーマの違い
・WordPressテーマのメリット
・初心者におすすめの有料テーマ3選

こんにちは、らこです。
知識ゼロから読書ブログを始めて半年で月1万円を達成しました!

本記事では「有料・無料テーマの違い、おすすめ有料テーマ」を初心者の方にわかりやすく紹介します。

私自身、読書を題材とするブログ開設にあたって、1週間ほど時間をかけて選びました。

丹念に調べた情報をお伝えするので、この記事を読むと失敗しないテーマを選べるようになります。

目次

結論:書評ブログ初心者はこのテーマでOK!

書評ブログ初心者はこのテーマでOK!

さっそく結論からお伝えすると、おすすめはSWELLです。

  • SWELL(スウェル)

SWELLバナー

SWELL(スウェル)なら書きやすさやデザイン性、SEO対策も申し分なし。

文章で魅力を伝えるにあたってスラスラ書けて、読者にも見やすいデザインとなっています。

書評など本の題材をはじめとして「副業ブログで稼ぎたい」初心者におすすめのテーマです。

さらに、テーマのアップデートも頻繁にあるのでサポートも充実しています。

SWELLは「ラコブックス」のテーマ。やらかくも落ち着いた全体のイメージが合っていれば、ぜひお求めください!

テーマを購入した方は、そのままサーバーとドメインを契約してブログを公開しましょう。

WordPressブログの公開方法は下記から進めれば、わずか10分で開設できます!

WordPress有料テーマと無料テーマのちがい

有料テーマと無料テーマのちがい

WordPressテーマには無料と有料のもの大きく2種類あります。

特徴的なちがいとしては下記の5つです。

  • 書きやすさ
  • デザイン性
  • カスタマイズ性
  • SEO対策
  • サポート体制

有料テーマでしたら上記の要素はバッチリです!

さらに、この記事で紹介する3つの有料テーマであれば間違いありません。

ちなみに無料テーマの場合は自分でコードを書かないといけないものが多いです。

ですので、初心者は「書く」に専念するためにも有料テーマがゼッタイおすすめです。

じつは無料→有料テーマへの移管もハードルが高いので、最初から有料テーマを強くおすすめします!

WordPress有料テーマのメリット

WordPress有料テーマのメリット

有料テーマを導入すると、驚くほどカンタンにサイトのクオリティが上がります。

導入した後は、最短で収益化を実現しつつオシャレなブログをつくりましょう

それでは有料テーマのメリットをご紹介します。

  • WordPress有料テーマのメリット

・ブロックエディタで書きやすく時短

・デザイン性が高いため読了率が向上


・カスタマイズ性で購入につなげやすい


・SEOの内部対策が最新の状態


・不具合発生時のサポートが充実

以上からも、WordPressブログで収益化させたいなら有料テーマが必須です。

私自身、有料テーマにしてから書くことに専念できるようになりました。

実際、ブログって記事コンテンツがもっとも重要なんですよね。

ですので、無料ブログをコード書いてデザイン性を上げるより、有料テーマで執筆に集中しましょう!

私が見たなかで収益化を実現しているブロガーさんは、ほぼ100%有料テーマを使ってます!

書評ブログにおすすめの有料テーマを厳選

おすすめの有料テーマ厳選

ここから、ブログにおすすめのWordPressテーマを3つ解説します。

  1. SWELL(スウェル)
  2. THE THOR(ザ・トール)
  3. AFFINGER(アフィンガー)

それぞれ見ていきましょう。

①SWELL(スウェル)

SWELL

テーマ名:SWELL

値段:17,600円(税込)

SWELLは、現在人気が急上昇しているテーマです。

  • SWELL メリット

①圧倒的な書きやすさ

②デザイン性に優れている


③初心者でもカンタンにつくれる


④最新のSEO対策が整っている

1年ほど使ってみた感想として、結論は「思った以上によかった」です!

読書に関して、あれこれ思いを伝えようとした場合、

  • 圧倒的な書きやすさ
  • 読者に伝えるデザイン性

これらがいかに重要であるかを思い知りました。

洗練されたデザインなので、デモサイトをご覧ください。

》SWELLのデモサイトを見る

SWELLのデモサイト

私自身が愛用したレビュー詳細は下記まとめています。

》SWELLのメリット・デメリットを徹底レビュー

結論、WordPressテーマで迷うなら、SWELLを選べば間違いありません!

もちろん、有料テーマはSWELL以外にも存在しています。

その他のテーマが気になる方に向けて、私が当時がっつり調べて絞った候補を紹介します。

②THE THOR(ザ・トール)

THE THOR(ザ・トール)

テーマ名:THE THOR

値段:16,280円(税込)

THE THORは、集客・収益化に力を入れているテーマ。

さらに、デザインの着せ替え機能でカスタマイズがしやすいのも特徴です。

  • THE THOR メリット

①デザイン着せ替え機能が使える

②アフィリエイトでの収益化に強い


③SEOに力を入れている


④サイト表示速度が速い

「カスタマイザー」からクリック操作だけでデザインが完成します。

》THE THORのデモサイトを見る

THE THORデモサイト

③AFFINGER(アフィンガー)

AFFINGER

テーマ名:AFFINGER

値段:14,800円(税込)

AFFINGERは、アフィリエイトをはじめとした収益化に特化されたテーマです。

  • AFFINGER メリット

①ブロックや表など商品を見せる機能特化

②集客しやすい機能が揃っている


③カスタマイズの柔軟性が高い


④有名ブロガーが数多く利用している

ボタンのデザインですとか、たしかにこのタイプのブロガーさんは多くいらっしゃいます。

デモサイトで実際のページ動作やボタンの動きをみれるので確認してみてください。

》AFFINGERのデモサイトを見る

AFFINGERデモサイト

WordPressテーマの導入方法

WordPressテーマの導入方法

ここまで、厳選した3つのブログテーマを紹介しました。

使いたいブログテーマが決まった方は、さっそくWordPressを導入していきましょう。

今回、WordPressテーマの導入を3ステップでわかりやすく解説します。

  1. WordPressテーマをダウンロード
  2. WordPressサイトにテーマを導入
  3. 自分に合ったブログにカスタマイズ

それぞれ見ていきましょう。

ステップ①WordPressテーマをダウンロード

まずはWordPressテーマをダウンロードしましょう。

下記のリンクからダウンロードページに遷移できます。

ステップ②WordPressサイトにテーマを導入

テーマを購入できましたらWordPress管理画面にログインしてください。

下記の順番でさくっとテーマを入れてしまいましょう!

  • テーマのインストール手順
  1. WordPressで「外観→テーマ」を選択
  2. 「新規追加」をクリック
  3. テーマのアップロードを選ぶ
  4. 「ファイルを選択」からテーマをアップロード
  5. 「今すぐインストール」へ

以上で5分もあれば完了できます!

》SWELLのテーマ導入はこちらでも解説しています

ちなみにWordPressとサーバーがまだ未導入の方は下記をご覧ください!

ステップ③自分に合ったブログにカスタマイズ

インストール後は各テーマの公式情報からカスタマイズすると間違いありません。

  • 各テーマの公式情報

THE THORは会員サイト内からマニュアルが見れるので、導入希望の方はこちらからまずはダウンロードしましょう!

また、サイト型のページを目指す方は下記が参考になります。

まとめ:おすすめWordPress有料テーマを厳選【書評ブログに最適!】

この記事では、厳選したおすすめWordPressテーマを紹介しました。

以上のテーマを使うことで、今すぐ快適にブログを書き始めることができます。

「テーマ選びで失敗したくない!」という方は、SWELLを選んでおけば間違いはないです。

私があるトップブロガーの方に聞くかぎりでは、この3つのテーマであればSEOによる差はまずない!とのことです

正直、判断軸としては、ブロック機能などのデザイン性の感覚ですね。個人差です。

ですので、自分に合った「書きやすい」WordPressテーマを導入しましょう!

そしてさっそく記事コンテンツづくりに集中するのがベターです!

なお収益化のステップに興味がある方は下記も目を通しましょう。

それではよい一日を!

コメントを残す

コメントする

目次