MENU
らこ
読書術/ライフハック/これからの働き方/30代ビジネスパーソン。趣味は年間200冊以上の読書とサウナ。
「Audible」2ヶ月無料体験キャンペーン中!使い方こちら>>

書評ブログで収益化するステップ【本好き初心者の月1万円達成方法】

  • 初心者が書評ブログで収益を上げることができるの?
  • ブログの仕組みもわからない
  • 初心者にわかりやすく教えてほしい!

この記事は、好きの発信を通じて月1万円以上の副業収益を出すためのノウハウをお伝えします。

実際、好きな読書をテーマ中心に発信し、開始半年で月1万を超える収益を出しています。

こんにちは、らこです!
開始半年で安定的に月1万円以上の収益を出せています

本好きのあなたがブログで月1万円の収益化に必要なことを5つのステップでまとめています。

  • 収益化の5ステップ
  1. 方向性を定める
  2. 読書ブログを開設する
  3. ブログの収益環境を整える
  4. 書き始める
  5. PVを上げる

ウェブやマーケティング知識のない初心者の自分がすぐに取り組めて収益を実感できた方法です。

前提知識や独自ブログとの比較をしながら丁寧に解説をしていきます!

記事は長いのでブックマーク保存や、ご自身に合ったステップから読み進めてみてください!

この記事の内容
  • 3つの前提知識
  • 収益化の5ステップ
  • まとめ
目次

書評ブログで収益化する前提知識

前提知識として次の3つを解説していきます。

①収益の種類
②初心者にオススメの収益方法
③市場データ

①収益の種類

ブログの一般的な収益の種類は次の通りです。

  • クリック型(Googleアドセンス)
  • 成果報酬型(アフィリエイト)

メリット・デメリットを下記にまとめました。

広告の種類メリットデメリット
クリック型(Googleアドセンス)難易度↓×低単価
×PV主義
×独自ドメインのみ
成果報酬型(アフィリエイト)高単価
商品選択 可
×難易度↑
×高品質記事 要

トレンドブログのような方向性であればGoogleアドセンスもよいでしょう。

詳しくご説明しますが、書評ブログではアフィリエイトが適しています。

どちらにしてもブログの収益とは、あなたの記事をコンテンツとした広告ビジネスです。

②初心者にオススメの収益方法

初心者がまず取り組むべきは成果報酬型(アフィリエイト)だと確信しています。

なぜなら有益な記事コンテンツが成果に直結する本質的なモデルだからです。

あなたの記事に共感した読者が行動を起こした結果、初めて収益が発生します。

アフィリエイトの仕組み

※ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)と呼ばれる代理店があるので営業不要、すべてネットで完結します

つまり収益とは読者の行動を背中押ししたその御礼なんですね。

あなたが想いを綴った文章が読者に伝わって行動の背中押しができる。

素敵だと思いませんか?

③市場データ

結論、Amazon経由で本を購入するユーザーはまだ増加するでしょう。

関連する2つのデータを紹介します。

  • 物販系 EC 化率の経年推移
  • Amazonの日本事業

物販系 EC 化率の経年推移

まずEC化ですが、19年時点で7%以下、伸び代はまだあるでしょう。

書評ブログで収益化するステップ

引用:経済産業省 電子商取引に関する市場調査

Amazonの日本事業

さらにAmazonの日本事業の売上も順調です。

書評ブログで収益化するステップ

引用:ネットショップ担当者フォーラム「アマゾン日本事業の売上高は約2.2兆円」

書籍単体こそ不明ですが、Kindleを筆頭に電子書籍市場も活発化しています。

Amazonで書籍を買うユーザーが増えれば、書評ブログ経由の購入機会も十分と考えて間違いありません。

書評ブログで収益化する5つのステップ

  • 収益化の5ステップ
  1. 方向性を定める
  2. 読書ブログを開設する
  3. ブログの収益環境を整える
  4. 書き始める
  5. PVを上げる

ステップ①方向性を定める

書評ブログを書き始める前に定めた方が良いことをまとめます。

✅目的とゴールを決める
✅扱う本を決める

✅目的とゴールを決める

目的は自分のなかで理由が明確化していればOKです。

たとえば、いまぼくがnoteを始めるなら次のような目的を置きます。

・副業としてまず収益の実感を得る
・人に伝わる文章を書く経験を得る
・自分を律するために良い習慣をつくる

達成したいゴールを設定しましょう。

オススメは大きいものと小さなものを組み合わせることです。

  • 書評を1年継続 月1万円以上の収益
  • まずは20記事分を毎日書いて発信

頂上を定めたら山登りのように1合目、2合目と進んでいくようにします。

仕事も副業もすべてに共通しますが、ちょっとずつの積み重ねなんですよね。

✅扱う本を決める

まず初心者の方であれば扱う本は自分の好きなものを選びましょう

なぜなら好きがいちばん読者にも魅力が伝わるし、書き手も継続できるからです。

ですので、無理に読者の想定を立てずに扱う本を決めてしまってOKです。

読んだ本を扱うのであれば、本棚からピックするだけでスタートができるのでカンタン。

ちなみに書評するには読書ノートがあると便利ですよ。

ステップ②書評ブログを開設する

まず、ブログは大きく次の2つに分けることができます。

  • 独自ドメイン(WordPress)
  • 共有ドメイン(note)

住宅に例えると独自ドメインは一軒家、共有ドメインはマンションです。

書評ブログで収益化するステップ【本好き初心者の月1万円達成方法】

それぞれの特徴をまとめますね。

ブログの種類メリットデメリット
独自ドメイン(WordPress)収益の幅 広い
好きなデザイン可
×立ち上げ・運用負荷
×初期費用ランニングコスト
共有ドメイン(noteやアメブロ)執筆に集中できるUI
初期費用ゼロ
ドメインパワー恩恵
×SEOのコントロール不可
×収益の幅 狭い
×デザインのカスタマイズ性

ゼロから始める初心者の場合は、noteから始めるのもアリです。

実際、私の場合はnote→独自ドメイン(WordPress)へシフトさせています。

ここで断言しておくと中長期的に収益化を図りたい人は、いきなり独自ドメインでOKです。

独自ドメインがオススメな方

・快適な環境で書きたい
・デザインにこだわりたい
・中長期で収益を伸ばしたい

さて、WordPressのブログの開設には以下の工程が必要です。

  • サーバーの契約
  • ドメインの取得
  • WordPressの設定

時間を最小限に抑えるために図解を交えながら下記で解説していますのでご覧ください!

この記事を読むと、WordPressブログをスムーズに開設できます。

ちなみにWordPressのハードルは相当に下がっています

プログラミングの知識ゼロで快適に動かせます!

WordPressでブログを開設する方法記事でもお伝えしてますが、費用も最小限に押さえましょう

サーバーは”独自ドメイン無料”を含めた安さと手軽さでGMOのConoHa WING一択です。

WordPressで書評ブログ始める方法を解説!図解付き

\期間限定の割引キャンペーン実施中/

ステップ③ブログの収益環境を整える

収益化を確実にするために工夫を含めて次の4つを行いましょう。

✅WordPressのテーマを導入する
✅Amazon紹介プログラムを利用する

ASPに登録する
ブログツールを導入する

WordPressのテーマを導入する

結論、読書ブログで「書きやすさ」と「読みやすさ」を両立させるならSWELLがおすすめです。

SWELLについて、詳しくは以下の記事で徹底解説しているのでご覧ください。

》SWELL以外の有料テーマも含めて解説しています

ちなみに私自身、半年で月1万円以上の収益の実現にあたって、

実際にかかった初期費用は以下の通りです。

  • サーバー代12ヶ月分(ConoHa WING):10,692 円
  • 有料デザインテーマ(SWELL):17,600円
  • Ranktracker(順位分析ツール):124ドル/年 ※約13,000円
  • 書籍:10,000円

合計で4万円強です。

ビジネスの立ち上げにかかる初期費用として捉えれば、けっして高くはありません。

しかもブログはストック型のビジネスなので持続性が高く、回収見込みも比較的はやいです。

ブログ→WEBライターといったように、ライティングの経験・スキルはやりきれば必ず別領域でも役立ちます!

✅Amazonの紹介プログラムを利用する

収益を多角化させるには、Amazonの紹介プログラムを利用しましょう。

まず、書評ブログを始めるならAmazonアソシエイトへの申請が必須です!

目安として20記事ほどストックしてから申請をしましょう。

申請に落ちてしまっても、記事を増やしてから再挑戦できます。

私は収益できることを知らなかったので、3万円分の機会損失をしました!ゼッタイ忘れずに!

各種サービスの紹介料は次のようになっています。

  • Amazonの紹介プログラム一覧

書籍は料率が低いと言われますがKindle本は8%と比較的に料率が高め

書評ブログで収益化するステップ

1件単価はAmazonビジネス3,000円、Audible1,500円の順に高い

たとえばAmazon Audibleにあなた経由で月内に読者が7件無料登録すれば月1万円です。

しかも無料体験なのでユーザーに対して押し売りする必要もありません。

書籍のロイヤリティと上記の組み合わせによって収益化の方法が増えていきます。

やるしかないですね!

✅ASPサービスに登録する

また、Amazon以外で商材を扱う可能性もあるため他社のASPサービスにも登録しておきましょう!

ASPとは商品を売りたい広告側と、ブログ記事を書く私たちメディア側をつないでくれる存在です。

メディア側は無料で登録できますし、設定も簡単です。

  • すべて登録しておきましょう!

ちなみにnoteではAmazon以外のASPサービスの登録はできません…!無料ブログでも制限が多いので、その意味でもWordPressがおすすめ!

ブログツールを導入する

個人的に収益化に向けて利用必須のブログツール9選は以下です。

検索順位チェックツールRank Tracker(有料)
アクセス分析ツールGoogle Search Console(無料)
Google Analitics(無料)
ドメインパワー分析パワーランクチェックツール(無料)
キーワード調査ツールラッコキーワード(無料)
Googleキーワードプランナー(無料)
画像ツールCanva(有料※無料体験あり)
Shutterstock(有料)
O-DAN(無料)
記事構成ツール
(最高のマインドマップ)
EdrawMind(有料)

ステップ④PVを上げる

まず立ち上げの段階では次の2つを押さえておきましょう。

SEOを意識する
SNSからの流入を増やす

✅SEOを意識する

SEOとは『Search Engine Optimization』の略称です。

あなたの記事を、Google検索結果の上位に表示させることで露出をねらう対策です。

さて、その上で書籍を扱う場合、次のことを意識しておくと良いでしょう。

記事タイトルに著者名+本タイトルを明記する

なぜなら著者名で検索したときに上位に出る可能性が高まるからです。

しかも著者を知りたい欲求は「本の購入前ニーズ」につながる場合もあります。

一般論として書評ブログはそのタイトルを読み終わった読者が訪問しやすいと言われています。

じつは、著者名や書籍名さえ入っていない“もったいない”ブログ記事がたくさん存在しています!

SEOの基本は下記の本で押さましょう!名著です!

著:土居健太郎
¥1,547 (2022/10/01 17:25時点 | Amazon調べ)

✅SNSからの流入を増やす

これは大切なことなんですが、SEOって成果を出すためには時間がかかります。

なので、ブログを読んでもらうためにTwitterを始めることをオススメします。

とくに著者の方はTwitterで自著を検索されていることが多いです。

だって自著を褒めてくれるツイートってフォロワーに伝えたくなりませんか?

流入が増えるのも嬉しいですし、著者から反応が返ってくることもあります。

自分のフォロワー数関係なく記事を伝えてみましょう!

ステップ④書き始める

さあ、実際に書評ブログを書き始めてみましょう。

進めていく上で書き方と頻度について解説していきます。

✅おすすめの型
20記事程度を書いてみる

おすすめの型

書評ブログってどんな風に書けばいいの?

このような問いにお答えします。

初めての方は次のような構成を意識してみてください。

  • 本のかんたんな紹介
  • なぜこの本を読んだかor選んだのか
  • ユニークな一節の引用抜粋
  • 自分の考えや本への想い
  • まとめ

以下の記事で詳しく説明しています。

情報整理として要約に寄る方法もありますが感想を推奨します。

なぜなら見せ方は凝っていなくても、文章に人柄が出ると魅力的に読めるからです。

書評って本を通じて自分を出していく作業の一面もあるんですね。

ですから毎日続けていると、必ず読んでくれる人が現れますよ。

ちなみに参考情報としてはその本の良いところを極力、拾って書くようにしていました。

「伝える」に慣れてきたら読者に「伝わる」を意識してみましょう!

20記事程度を書いてみる

おすすめの型をお伝えしましたが、まずやってみることが大切です。

なぜなら反応をみながら書き続ける実戦がいちばんの上達の道だからです。

ちなみにnoteでは毎日更新すると連続記録で表示されるのでこだわっていましたね。

まずは小さなゴール設定の意味でも20記事程度を書いてみましょう。

数が20である理由は後述するAmazonアソシエイトの申請のためでもあります!

参考までに文章術と継続の観点で参考になった本をかんたんにご紹介します。

慣れてくると書評ブログが毎日の習慣になります!

まとめ:書評ブログで収益化するステップ

ご紹介した5つのステップを一つずつ確実に実践していけば、月1万円を達成できると思っています。

  • 収益化の5ステップ
  1. 方向性を定める
  2. 読書ブログを開設する
  3. ブログの収益環境を整える
  4. 書き始める
  5. PVを上げる

1回であれば時間が許すかぎりZoomの30分無料相談を受け付けています。

TwitterでリプやDMでご連絡くださいね。

最後に、関連記事のおさらいをしておきます。

  • WordPressでブログをスムーズに開設する
  • 有料テーマを導入する

》SWELLのメリット・デメリットを徹底レビュー

》おすすめWordPress有料テーマを厳選【書評ブログに最適!】

  • テンプレートを使って書評をつくる

それではよい一日を!

コメントを残す

コメント一覧 (2件)

  • はじめまして。人気ブログランキングを見て訪問したarmlockと申します。
    noteのこと、Amazonアソシエイトのことがよくわかりました。最初の20記事のハードルが高そうですが、やってみたいと思います。
    ちなみに1記事は何文字を目安に書くと効果的とかあるのでしょうか?

    情報提供ありがとうございました。

    • なぜかコメントが消えてしまったので再送いたします…!

      1記事については1,000字はあった方がSEOの観点で必要に感じています。しかし、noteで毎日続けていた頃はそこまで気にしていませんでした。当時はnoteプラットフォーム内の回遊が一定見込めたからです。

      したがいまして、どの場所で書評ブログを執筆するのにも影響します。Googleの検索順位を重視する場合は、読者が読みやすい構成の上で、一定のボリューム感をもたせた方がベターという所感です。何かありましたらどうぞコメントいただければ幸いです。

コメントする

目次