MENU
らこ
読書術/ライフハック/これからの働き方/30代ビジネスパーソン。趣味は年間200冊以上の読書とサウナ。
【📚最大70%OFF】Kindle本 日替わりセール>>

WordPressで書評ブログ始める方法を解説!図解付き

  • WordPressで書評ブログを始めたい
  • 自分のサイトを持ってみたい
  • 初心者にもわかるように教えてほしい

この記事では、初心者がWordPressで書評ブログを立ち上げられる状態を目指します!

私はnoteの書評を経てからWordPressに切り替たものの、ウェブ知識は初心者レベルでした。

実際、コードは書けない状態でもWordPressを開設することができています。

ですので、自分のサイトという城をかまえたいあなたはWordPressをセレクトしてOKです!

WordPressは立ち上げてからが奥が深い!

造詣が深いわけでない立場だからこそ、鮮度のある「最初に知りたかった」内容をお伝えします。

この記事が、あなたのブログを最短距離で起動に乗せるサポートになれば嬉しいです。

目次

WordPressの特徴と構造を理解する

共有ドメインのnoteと比較の上で特徴をまとめます。

結論、WordPressの方が自由が効いてカスタマイズしやすく、収益の幅が広がります。

ブログの種類メリットデメリット
独自ドメイン
WordPress
収益の幅 広い
好きなデザイン可
×立ち上げ・運用の負荷
×初期費用・ランニングコスト
共有ドメイン
note
執筆に集中できるUI
初期費用ゼロ
ドメインパワー恩恵
×SEOのコントロール不可
×収益の幅 狭い
×デザインのカスタマイズ性

さて、そもそもWordPressとはどんな構造なのでしょうか?

WordPressとは、家にたとえて表現すると新築戸建の「注文住宅」といえます。

サーバー(土地)・独自ドメイン(住所)を用意し、家(ブログ)をカスタマイズして完成です。

WordPressで書評ブログ始める方法を解説!図解付き

一方でnoteはマンションの一室を間借りするようなイメージです。

マンションの賃貸だと住むのは楽ですが、家の中を自由に変えることはできないですよね。

大まかな特徴と構造は理解できたでしょうか!

続いて、WordPressのデメリットとして挙げた「立ち上げの負荷」「コスト面」を補足します。

✓立ち上げの負荷

noteと比較すればWordPressの立ち上げは工数がかかりますが、ハードルは下がっています。

WordPressに必要な要素

・サーバー(土地)
・独自ドメイン(住所)
・WordPress(家)

上記を順に設定していけば完成します。

詳細はこのあと説明するのでご安心ください。

✓初期費用について

土地に該当するサーバー代はどうしても継続的なコストとして発生します。

ただし初期費用でいえば家本体のWordPressは無料ですし、コストを抑えることが可能です。

そのため、ブログは副業のなかでも初期費用がかからないと言われています。

サーバー代は月々1000円程度です!

実際にかかった初期費用をお伝えします。

  • サーバー代12ヶ月分:10,692 円
  • 有料デザインテーマ:17,600円

合計で3万円弱です。

ビジネスの立ち上げにかかる初期費用として捉えれば、けっして高くはありません。

ちなみにこの記事では、サーバーはGMOのConoHa WINGを採用します。

なぜなら実体験としてWordPressのセットアップまで一気通貫で簡単に設定できたからです。

WordPressで書評ブログ始める方法を解説!図解付き

手順通りに進めれば10分程度で完了します!

ConoHa WINGは価格もリーズナブルですし、大手GMOで安心、心からオススメします。

代表的なメリットは次の5つです。

  • 初期費用が安い
  • 独自ドメインが無料
  • WordPressかんたんセットアップ
  • 表示スピードが早い
  • GMOだから大手で安心

\今ならキャンペーン割引実施中/

それではWordPressのセットアップへ進めていきましょう!

WordPressを一気通貫でセットアップする

立ち上げるためには3ステップでOKです。

1 アカウント新規登録
2 「WINGパック」を申し込む
3 WordPressかんたんセットアップ

詳しくみていきましょう!

ステップ①:アカウント新規登録

ConoHa WINGのページから「今すぐお申し込み」をクリックします

WordPressで書評ブログ始める方法を解説!図解付き

「初めてご利用の方」で必要な「メールアドレス」と「パスワード」を入力しましょう

WordPressで書評ブログ始める方法を解説!図解付き

アカウント登録はこれで完了です。

「次へ」をクリックしましょう。

ステップ②:WINGパックを申し込む

料金タイプでWINGパックを選択します

WordPressで書評ブログ始める方法を解説!図解付き

  • 契約期間
    私は12ヶ月としました!
    ※決済完了後は途中で契約期間の変更はできないのでご注意ください!
  • プラン
    選択ベーシックで十分です!
  • 初期ドメイン
    サイトに使用するドメインとは異なりますので、何でもOKです!

契約期間は長いほど1ヶ月あたりの単価は安くなるけど、自分に合った期間をセレクトしよう!

WINGパックの申し込みは完了で、続いてセットアップに移ります。

ステップ③:WordPressかんたんセットアップ

WordPressかんたんセットアップの「新規インストール」を選択しましょう

WordPressで書評ブログ始める方法を解説!図解付き

  • 独自ドメイン設定
    ドメインを自由に決めることができます!
    事前にサイト名を決めていたのでlacobooks.comで即決。
    「com」「jp」が主流ですね。
  • 作成サイト名
    後から変更できるのでひとまずでOKです
  • WordPressユーザー名
    WordPressの管理用に必要です
  • WordPressパスワード
    WordPressの管理用に必要です
  • WordPressテーマ
    有料でカスタマイズしたい方は後から設定可能です。
    ひとまず無料の中で選べる「cocoon」にしておきましょう。

あとは画面に従って決済に必要な個人情報の入力するだけ。

「申し込み」ボタンをクリックすればセットアップは完了です。

WordPressで書評ブログ始める方法を解説!図解付き

お疲れさまでした!申し込み完了メールが届きます。

さあ、ここからWordPressの初期設定に移ります。

先にログインだけ済ませておきましょう。

WordPressで書評ブログ始める方法を解説!図解付き

https://ドメイン名/wp-admin/

※ドメイン名はあなたが先ほど決めた独自ドメインを入力ください。

初期設定して書評ブログを開設しよう

初期設定して書評ブログを開設する最低限で必要なのは次の5つです。

  1. テーマのカスタマイズ
  2. パーマリンクの設定
  3. プラグインの導入
  4. ASPサービスの登録
  5. Googleアナリティクス・サーチコンソールの設定

それぞれ解説していきます!

1. テーマのカスタマイズ

節約すれば家(WordPressのテーマ)自体は無料です。

しかし、セットアップのタイミングで初期投資しておくことを強くオススメします。

理由は、有料テーマの方がデザイン性が高く、機能拡充のカスタマイズも簡単だからです。

実際に使用して感じるメリットは次の通り。

  • ユーザビリティがよくなる
  • SEO対策ができて流入が増える
  • 自分のモチベーションにつながる

無料からの有料移行も可能ですが、正しく反映されないリスクもあります。

してがって収益化を狙いたい場合は、初めから有料テーマが得策だと断言します。

ちなみに私はSWELLを使っています。

有名ブロガーも使用している「いまきている」デザインテーマです。

WordPressのテーマシェア率調査によるとSWELLが1位というデータもあります。

「書きやすさ」の機能性と「読みやすさ」のデザイン性、正直申し分ありません!

詳しくは下記をご覧ください。

2. パーマリンクを設定する

ブログ記事ってそれぞれにURLが割り振りされていますよね?

パーマリンクの設定とは、記事を投稿する際にURLを決められるようにすることです。

記事を書き始める前に設定することをオススメします。

① 画面の左側「設定」から「パーマリンク設定」をクリックします

WordPressで書評ブログ始める方法を解説!図解付き

②「パーマリンク設定」画面の「投稿名」をクリック

WordPressで書評ブログ始める方法を解説!図解付き

投稿名をセレクトして「カスタム構造」が自動で「/%postname%/」になっていればOKです。

入力できたら、左下の「変更を保存」をクリックしましょう。

3. プラグインの導入

プラグインとはWordPressの拡張機能です。

たとえるなら家の内装をDIYしたり増築したりして、生活をより便利にするイメージですね。

ただ、プラグインは無料で導入できるので、あれもこれも増やしがち!

プラグインの入れすぎでサイトの挙動が遅くなる場合もあります。

ですので、新築に手を入れすぎるとバランスが崩れるように、ミニマムの導入から始めましょう。

私が実際にSWELLテーマで導入しているプラグインは次の通りです。

  • SEO SIMPLE PACK
  • Contact Form by WPForms
  • Wordfence Security
  • Pochipp

デザインテーマによっても変わります。オフィシャルサイトがあればチェックしておきましょう。

ちなみにSWELLは開発者自ら推奨・非推奨プラグインを紹介しています。

4. ASPサービスの登録

ASP(Application Service Provider)とは、ブログに広告をつけて収益化するための必須サービス。

商品を売りたい広告側と、ブログ記事を書く私たちメディア側をつないでくれる存在です。

いわゆる広告代理店ってかんじですね!

メディア側は無料で登録できますし、設定も簡単です。

多種多様なASPサービスがあり、なかには審査を伴うものも存在します。

最低限、登録しておくべきASPサービスを紹介します。

  • すべて登録しておきましょう!

※Amazonアソシエイトのみ、審査基準が高く記事を10-20ほどストックしてから申請する必要があります。

ASPそれぞれに強いジャンルや同じ商品でも単価が異なる場合もあります。

ですので、収益化の準備段階として、上から順にすべて登録しておきましょう。

またセルフバックと呼ばれる手法を使えば、ブログテーマの金額感であれば十分、稼ぐことも可能です。

5. Googleアナリティクス・サーチコンソールの設定

Googleの「アナリティクス」と「サーチコンソール」は、無料のアクセス解析ツールです。

ブログを書き進める上で、アクセス流入の健康チェックは大切です。

下記が参考になります。忘れずにそれぞれ設定をしていきましょう。

一点、注意すべきはアクセス数にこだわりすぎないことです。

立ち上げから少なくとも3ヶ月はGoogleの検索エンジンに評価されにくい傾向があります。

被リンクも大切です!自分のサイトを登録できるサイトも有効活用しましょう!たとえばこちら

数が少ないと落ち込んでしまいますし、一過性の数値に一喜一憂すると本質からズレてしまいます。

解析ツールは役立ちますが、初期フェーズでは質の高い記事を書くことに注力しましょう!

まとめ:WordPressで書評ブログ始める方法を解説!図解付き

✓サーバーは安心と圧倒的な安さからConoHa WING (期間限定の割引キャンペーン実施中!)一択です!

✓デザインのテーマは洗練されているSWELLがおすすめ!

書評ブログの収益化や書き方を学びたい方は、下記も目を通しましょう。

WordPressは開設まではハードルが確実に下がっています。

ブログは立ち上げてからが本番です!

それではよい一日を!

コメントを残す

コメントする

目次